展示会レイアウトを成功させる7つのポイント|レイアウトの重要性やNG事例も紹介します!

You are currently viewing 展示会レイアウトを成功させる7つのポイント|レイアウトの重要性やNG事例も紹介します!
  • 投稿カテゴリー:缶バッジ
  • 投稿の最終変更日:2024-06-24

展示会での成功は、ブースのレイアウトに大きく左右されます。魅力的で効果的なレイアウトは、訪問者の関心を引き、リード獲得のチャンスを高めますが、逆に不適切な配置やデザインは機会損失につながる場合があります。

本記事では、展示会レイアウトの重要性やNG事例について解説します。また、展示会レイアウトを成功させるポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

展示会レイアウトの重要性とは?

展示会レイアウトの重要性について解説します。

  • 集客効果を左右する
  • ブース内の顧客行動に影響する

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.集客効果を左右する

展示会においてブースのレイアウトは集客効果に大きな影響を与える要素の1つです。たとえば、入口をメインの通路側に配置するか、人通りの少ない側に配置するかによって、ブースに足を踏み入れる来場者の数は大きく異なります。

また、商品の展示においても、来場者の動線や目線を意識すれば注目度を変えられます。このように、会場内でのブースの立地や来場者の動線を考慮すれば、集客効果が大きく変わるため、展示会においてレイアウトは非常に重要です。

2.ブース内の顧客行動に影響する

ブースのレイアウトは、訪れた来場者の行動にも大きく影響を与えます。たとえば、隣の机との距離が近くて騒がしい商談型ブースでは、来場者は落ち着いて相談するのが難しく、商談の内容が薄くなりがちです。

展示型や体験型のブースでも、レイアウト次第で展示品の見やすさや居心地のよさが異なり、滞在時間に大きな影響を与えてしまいます。そのため、展示品が見やすく、かつ快適に過ごせるレイアウトを心がければ、来場者のブース滞留率が向上し、商品への興味や理解が深まります。

展示会レイアウト・装飾の3つのNG事例

次に、展示会レイアウト・装飾のNG事例をご紹介します。

  • 派手すぎる
  • 展示する商品が多い
  • 近寄りにくい

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.派手すぎる

展示会ブースのデザインについては、ターゲットに合ったものにすることが重要です。たとえば、派手なブースは目立つかもしれませんが、ターゲットとミスマッチであれば出展効果は期待できません。

ブースの目的は、自社に興味や関心を持ってもらうことであるため、ターゲットに合わせたデザインが不可欠です。ブースのデザインによっては、出展企業に対するイメージが左右されるため、ターゲットの興味を引くデザインを心がけてください。

2.展示する商品が多い

展示会に出展する際は、多くのサービスやアピールポイントを一度に紹介したくなるかもしれませんが、これは避けるべきです。展示会のブースは限られた空間であるため、複数の要素を詰め込むと来場者の注意を引くのが難しくなり、結果的に何も印象に残らない場合があります。

そのため、展示するサービスは1つに絞り、「最も売れ筋の商品」を強調してアピールしましょう。もし、売りたい商品に焦点を当てずに複数の商品を同じトーンで展示すると、来場者に何を伝えたいのかが不明確になり、販売側もどの商品を売りたいのかが曖昧になってしまいます。

売りたい商品を厳選して、目立つように展示し、その商品を中心に来場者の動線を設計するようにしてみてください。

3.近寄りにくい

展示会において、ブースの入り口の位置や設計が悪いと、来場者にとって入りづらい印象を与えてしまいます。通路からブースの中がよく見えない場合や、入り口が狭かったり装飾に凝りすぎている場合、来場者は入るのをためらう可能性が高いです。

ブースレイアウトを考える際は、通路からブース内の様子が見やすく、開放的な入り口を設けるようにしましょう。さらに、スタッフが入り口で固まって待機していると入りづらい印象を与えるため、適度にブース内外に分散して配置し、活気のある雰囲気を保つことが大切です。

展示会レイアウトを成功させる7つのポイント

次に、展示会レイアウトを成功させるポイントを解説します。それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.ターゲットを明確にする

ブースに来場者を呼び込むためには、ターゲットが魅力を感じるキャッチコピーを提示する必要があります。自社や競合他社の販売サイトからインスピレーションを得て、シンプルで具体的なキャッチコピーを作成しましょう。

たとえば、「1年で〇%の経費削減!」や「システム導入で〇時間の作業時間をカット!」といった具体的なメリットを強調すれば、来場者の興味を引きつけやすくなります。また、企業やサービスの特長をパネルで視覚的にアピールし、来場者が「検討したい!」と思うような仕掛けを用意しましょう。

2.ブース内の回遊動線を工夫する

展示会レイアウトにおいて、ブース内の回遊動線の工夫は、訪問者の興味を引き、効率的に情報を提供するために重要です。まず、ブースの入り口を広くし、入りやすい雰囲気を作りましょう。

次に、ブース内の通路は一方通行にするか、循環しやすい形に配置して、訪問者が自然に全体を回れるようにします。また、主要な製品や情報をブースの奥に配置し、訪問者が奥まで進むように誘導しましょう。

さらに、視認性の高い案内表示や誘導サインを設置し、来場者が迷わずに目的の情報にアクセスできるようにしてください。

3.キャッチコピーで欲求を刺激する

展示会でのキャッチコピーは、訪問者の欲求を刺激し、ブースへの関心を引き付ける重要な役割を果たします。効果的なキャッチコピーを作成するためには、ターゲットオーディエンスのニーズや欲求を深く理解し、それに応じたメッセージを伝える必要があります。

たとえば、「今すぐ体験」「限定公開」「未来を体感」など、緊急性や希少性を強調するフレーズは、訪問者の興味を引きやすいです。また、具体的なメリットや解決策を示し、訪問者にとっての価値を明確に伝える工夫も欠かせません。

4.カウンター形式の商談スペースを設置する

商談席の設置について考慮する際には、小間サイズによって最適な形を検討する必要があります。大きな小間サイズであれば商談席の設置は容易ですが、小さな小間サイズではスペースが制約されるため、レイアウトの自由度が低下します。

今後の取引を見据えて、場合によってはカウンターの設置も有効です。多くのブースを回りたい来場者は、長時間の商談を避ける傾向があるため、気軽に対応できるカウンター形式が役立ちます。

また、来場者との会話や資料の説明は必ずしも座って行う必要はありません。場所を有効活用するためには、柔軟なレイアウトの工夫が求められます。

5.ブースの両端に目を引くパネルを設置する

ブースの両端に目を引くパネルを配置することで、通路を行き来する来場者の注目を集められます。ブースの両端は、来場者の視線が最も集まりやすい場所であり、目立たせたいパネルを配置するには最適な場所です。

また、ブースの入口近くにパネルを配置するのも効果的です。訪問者が短時間で自社商品の理解を深められるように、パネルには重要なポイントを簡潔に示すようにしましょう。これにより、訪問者の関心を引きつけ、ブースへの誘導を効果的に行うことができます。

6.ブースの中が見えるレイアウトにする

展示会でブースの中が見えるレイアウトにすることは、訪問者の興味を引き付け、ブースに立ち寄らせるための効果的な手法の1つです。開放的なデザインにより、外から内部が一目で見えるようにレイアウトすれば、訪問者にブース内の製品やサービスの魅力を視覚的に伝えられます。

たとえば、透明なパーティションやガラスを使用したり、入り口を広めにしたりすることで、自然な流れで訪問者の誘導が可能です。また、重要な展示物やデモンストレーションエリアを視認しやすい位置に配置すれば、遠くからでも注目を集められます。

7.照明の使い方を工夫する

照明は展示ブースにおいて非常に重要な要素の1つです。来場者が見る方向から光を当てれば、展示物がよりはっきりと認識されやすくなります。もし、会場の照明に頼りすぎていると、出展した際に効果的でない結果を招いてしまいます。

また、商品に照明を当てる際には、逆光や影を避け、商品が暗くならないようにする工夫が欠かせません。たとえば、下からの照明だけではなく、上部からも光を当てれば、商品がより明るく見えるようになります。

展示会レイアウトでよくある3つの質問

最後に、展示会レイアウトでよくある質問をご紹介します。

  • 質問1.展示会レイアウトを考える前に把握するべきポイントは?
  • 質問2.展示会でリード獲得を左右する重要な要素は?
  • 質問3.展示会でノベルティを配布する効果は?

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

質問1.展示会レイアウトを考える前に把握するべきポイントは?

展示会レイアウトを考える前に把握すべきポイントは、まずターゲットオーディエンスの特性とニーズです。彼らが何を求め、どのような情報や体験に価値を感じるのかを理解する必要があります。

次に、展示会のテーマや目的を明確にし、それに沿ったコンセプトを設定します。予算やスペースの制約も重要な考慮事項であり、効果的に活用するための計画が必要です。また、競合他社のブース配置や展示内容をリサーチし、差別化を図るポイントを見つけるようにしましょう。

質問2.展示会でリード獲得を左右する重要な要素は?

展示会でリード獲得を左右する重要な要素は、まず魅力的なブースデザインです。視覚的に引き付けるデザインとわかりやすい情報提示により、訪問者の関心を引きます。

次に、訴求力のあるキャッチコピーと明確なメッセージも欠かせません。これにより、訪問者がブースに立ち寄る動機を提供できます。また、製品デモンストレーションや実際に触れる体験を提供すれば、訪問者の関与を高められます。

さらに、訓練されたスタッフの存在も重要です。スタッフは製品やサービスについて詳しく説明できる必要があり、これによって訪問者との対話を通じて信頼関係を築く役割を果たします

なお、リード獲得数を増やすためのポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:展示会でリード獲得数を増やすためのポイントは5つ|獲得率の上げ方や育成方法を徹底解説!

質問3.展示会でノベルティを配布する効果は?

展示会でのノベルティ配布には大きなメリットがあります。まず、ターゲットとなる来場者との貴重な接点を創出し、ブランドのイメージを強く印象付ける機会の提供が可能です。

さらに、来場者に喜ばれるノベルティを用意すれば、よい企業イメージを与える効果も期待できます。展示会は多くの企業が一堂に会する場であるため、そこでの差別化が後のビジネスチャンスにつながるケースも少なくありません。

なお、おすすめのノベルティサイトについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【2024年最新】ノベルティサイトのおすすめ10選|依頼する際のポイントも徹底解説! – グラフィック機材株式会社

まとめ

本記事では、展示会レイアウトの重要性やNG事例、展示会レイアウトを成功させるポイントについても解説しました。

展示会レイアウトは、集客効果やブース内での顧客行動に大きな影響を与えます。適切なレイアウトは訪問者を引き込み、リード獲得につなげられます。

しかし、派手すぎる装飾や商品の詰め込みすぎ、近寄りにくいレイアウトは逆効果です。成功するためには、ターゲットを明確にし、回遊動線を工夫する必要があります。

さらに、キャッチコピーで欲求を刺激したり、照明を工夫したりするのも効果的です。また、ブースを訪れた方にはオリジナルのノベルティを提供し、ブランドを印象づける工夫をしてみてはいかがでしょうか。

なお、弊社が運営する「缶バッジ研究所」では、サイズや種類のバリエーションを豊富に取り揃えており、完全自社製造で高品質なオリジナル缶バッジをお届けいたします。

缶バッジ制作が初めてという方も安心してご依頼いただけますので、ぜひ一度ご相談ください。⇒缶バッジ研究所のサイトはこちらから

コメントを残す