飲食店におすすめの販促方法10選|販促活動の重要性や費用相場、選ぶコツまで徹底解説!

You are currently viewing 飲食店におすすめの販促方法10選|販促活動の重要性や費用相場、選ぶコツまで徹底解説!
  • 投稿カテゴリー:缶バッジ
  • 投稿の最終変更日:2024-06-24

販促活動はお店の成功を左右する重要な要素ですが、取り組むべき施策は1つだけではありません。複数の方法を組み合わせて、集客する必要があります。

本記事では、飲食店におすすめの販促方法や販促活動の重要性、費用相場、選ぶコツをご紹介します。また、よくある質問も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店での販促活動の重要性とは?

飲食店において、販促活動は売上アップのカギを握る重要なマーケティング戦略です。現代の多様化した顧客ニーズやサービスに対応するためには、おいしい料理を提供するだけでは不十分であり、他店との競争に勝ち残るのは難しいです。

新規顧客の獲得およびリピート顧客の確保を目指して、戦略的かつオリジナリティのある販促活動を実施する必要があります。とくに、SNSや広告を活用した宣伝方法が効果的であり、適切な販促活動によって売上が大きく変わる場合もあります。

飲食店の販促費用の相場

飲食店の販促費用の相場は、店舗の規模や立地、業態によって異なりますが、一般的には売上の3%〜8%程度が目安とされています。小規模な店舗の場合、月額数万円〜10万円程度、中規模以上の店舗では数十万円に達するケースも少なくありません。

具体的な費用には、チラシやポスターの制作・配布費用、SNS広告、ウェブサイトの運営費用、イベント開催費用などが含まれます。また、新規開店時やリニューアルオープン時には、初期費用として一時的に高額な販促費用がかかる場合もあります。

効果的な販促方法を選ぶコツは3つ

次に、効果的な販促方法を選ぶコツについて解説します。

  • 目的を明確にする
  • 予算を事前に決める
  • ターゲット層に適した方法を選択する

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.目的を明確にする

効果的な販促方法を選ぶためには、販促を実施する目的を明確にし、その目的を果たせるかどうかを基準に販促方法を選ぶ必要があります。たとえば、「売上をアップしたい」という目標がある場合でも、新規顧客の売上を上げたいのか、既存顧客の売上を伸ばしたいのかによって、取り組むべき施策が異なります。

このような目的が曖昧な状態では、適切な販促方法を選ぶのは困難です。自店の目的達成に効果的な販促にリソースを集中させ、確実に成果を上げられるようにしましょう。

2.予算を事前に決める

販促活動を成功させるためには、予算の設定が欠かせません。一般的に、飲食店の販促費用は売上の3%〜5%以内が適切とされています。

たとえば、1ヵ月の売上が300万円であれば、販促に利用できる予算は9万円〜15万円程度になります。この予算内で最大の効果を得られる販促方法を選ぶには、年間を通して必要な予算を計画的に立てなくてはなりません。

販促費用は定期的に発生するものだけでなく、イベントごとにまとまって発生する場合もあるため、年間の予算計画を立てて、効果的な販促活動を実施してください。

3.ターゲット層に適した方法を選択する

販促活動を成功させるためには、ターゲット層に応じた適切な施策を選ばなければなりません。まず、新規顧客を対象にするのか、既存のリピーターを対象にするのか明確にし、ターゲット層の年齢や性別に合ったアプローチ方法を選定します。

たとえば、20代の若者をターゲットにする場合、折り込みチラシよりもInstagramやそのほかのSNSを活用したプロモーションが効果的です。一方、シニア世代をターゲットにする場合は、オンラインよりもオフラインでの販促が伝わりやすいです。

飲食店におすすめの販促方法10選

次に、飲食店におすすめの販促方法について解説します。それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.折り込み広告

ターゲットとして女性や高齢者、ファミリー層を意識した地域密着型の折り込み広告は、飲食店の販促において非常に効果的な手法の1つです。とくに、地域の方々を主要な客層とする店舗では、この方法が適しています。

折り込み広告は、多くの女性や高齢者が目にするため、これらのターゲットに向けた内容に工夫すれば効果を最大化できます。たとえば、魅力的な料理の写真や初回限定のクーポンの掲載により、来店意欲を高めることが可能です。

また、ポスティング業者に依頼するのが難しい場合は、店舗周辺や駅前でチラシを配布する方法も検討してみてください。

2.ポスティング

それぞれの家庭の郵便受けに広告を配布するポスティングは、新聞を購読していない若者世帯や一人暮らしの学生など、幅広い層にアプローチできる点が魅力です。

ポスティングは、希望のエリアで効果的に配布できるため、地域密着型の広告手法として非常に有効です。たとえば、ショップカードや割引券を封筒に入れて配布する方法もあります。

また、少ない枚数であれば、自分で配布もでき、地域住民に挨拶しながら配ると効果が高まります。

3.周辺店舗への置きチラシ

飲食店にとって、周辺店舗への置きチラシは効果的な販促方法の1つです。置きチラシは、近隣の人々に店舗の存在を知らせ、来店を促す効果が期待できます。とくに、ランチタイムやディナータイムに多くの人が訪れるオフィスビルや商業施設の飲食店などに置くと効果的です。

また、置きチラシには、店舗の特徴やおすすめメニュー、割引クーポン、営業時間などをわかりやすく記載しましょう。また、目を引くデザインと魅力的な写真を使用すれば、関心を引くことができます。

4.ダイレクトメール

ダイレクトメールは、既存顧客のリピート率向上に効果的な販促アイデアの1つです。とくに、休眠客に対して有効であり、誕生日などの特別な機会に送付すれば再来店を促せます。

ただし、郵送形式のダイレクトメールはほかの販促方法に比べて費用がかかるため、ターゲット層や予算、目的を明確にして実施するようにしましょう。また、頻繁に送付したり、不適切な内容を含むと迷惑に感じられ、逆効果となる場合もあります。

5.ポイントカード

ポイントカードやメンバーズカードの導入は、既存顧客のリピート率向上に効果的な手段の1つです。特典サービスを3〜5回の来店ごとに提供すれば、再来店を促進できます。

たとえば、「ドリンク1杯サービス」や「1品無料」などの特典が魅力的でおすすめです。最近では、スマホ1つでポイントの付与や管理ができるポイントカードアプリも増えており、紙や印刷代のコストが削減できます。

このようなアプリの導入により、手軽にポイントカードを運用でき、費用を抑えて効果的な販促活動が可能です。

6.グルメサイト・アプリへの掲載

主要なグルメサイトにはすでに多くのアクティブユーザーがいるため、新規顧客に効果的にアプローチできます。これらのサイトに掲載すれば、口コミを集めることもでき、「一度利用してみたい」と思わせる口コミを通じて新規来店のハードルを下げられます。

ただし、それぞれのグルメサイトの月額掲載料金やユーザー層が店舗のターゲット層と合致するかが大切です。複数のグルメサイトを比較検討し、自社に最適なサイトを選びましょう。

また、ネット媒体は広域にわたる集客ツールとして非常に有効です。無料版には最低限登録し、口コミやレビューを書いてもらえる仕組みを整えましょう。

7.SNS

SNSは、多くの人々が利用する強力な宣伝媒体であり、新規顧客の獲得に非常に有効な方法です。XやInstagramなどのプラットフォームを活用すれば、お店のアピールポイントを簡潔に伝えられます。

なかでも、写真や動画の投稿に特化しているInstagramは、飲食店の販促に最適なSNSの1つです。最近では、Instagramを利用して行きたいお店を探すユーザーも増えており、店内や料理などの魅力的な写真の投稿により、若年層への効果的なアプローチが可能です。

8.ホームページの制作

効果的なホームページは、訪れた人々にお店の雰囲気やメニューなどの具体的な情報を提供するだけでなく、視覚的にも魅力的であるべきです。そのためには、プロフェッショナルな写真と共に、料理の説明や店の特色を明確に表現しましょう。

さらに、SEOによって検索エンジンでの可視性を高められれば、より多くの新規顧客を引き寄せられます。たとえば、地元のキーワードを効果的に使用して、地域内での検索に強いホームページを目指してください。

9.イベントの開催

飲食店でのイベント開催は、新規顧客の獲得やリピーターの増加におすすめの方法です。たとえば、「お肉の日」などのテーマを設けた期間限定のプロモーションは、集客効果のアップにつながります。

また、店内でのワークショップや音楽イベントなど、食事だけではない体験を提供すると、顧客の記憶に残りやすくなります。さらに、SNSへの投稿を促すキャンペーンを活用すれば、ソーシャルメディアのフォロワーとのエンゲージメントを高められ、広範な宣伝に効果的です。

10.タウンプラス・タウンメール

タウンプラスやタウンメールは、日本郵便が提供するダイレクトメールサービスです。郵便局のスタッフが配達するため、到達率は高く、ポスティングではアクセスできない地域にもメニューやキャンペーン情報を届けられます。

また、郵便物として配布されるため、受取拒否されるリスクが低いのもメリットです。この手法は、新規顧客の獲得はもちろん、リピーターを増やすための期間限定オファーやイベントの告知にも使えます。

飲食店で効果的な3つの販促物

次は、飲食店で効果的な販促物について解説します。

  • ショップカード
  • ポスター
  • ノベルティ

それぞれの詳しい内容についてみていきましょう。

1.ショップカード

ショップカードには、店名や住所、電話番号、公式ホームページやSNSのリンクなども記載されており、顧客が必要な情報を一目で把握できます。飲食店を訪れた顧客が、友人や家族にカードを見せると、新たな客が来店するきっかけにもなります。

また、デザインに工夫を凝らせば、店の印象をより鮮明に残し、ブランドイメージを高めることが可能です。

2.ポスター

外部に設置されたポスターは、通りがかりの人々の目を引き、店の存在を知らせます。おいしそうな料理の写真や、期間限定のキャンペーンを大きく掲載すると、興味を持っていなかった人々も店を訪れるきっかけになります。

また、ポスターの配置には戦略が不可欠で、店の入り口や窓ガラスに適切に掲示するのが効果的です。ただし、窓ガラスに貼る際は、店内の様子が隠れない位置に貼りましょう。

3.ノベルティ

イベントの記念品として提供されるノベルティは、顧客に特別感を与え、リピーターを増やす効果が期待できます。たとえば、オリジナルデザインのコースターやマグカップ、店のロゴが入ったエコバッグなどは、実用性も兼ね備えているため、顧客に喜ばれやすいです。

また、ノベルティはお店の特色を表現する手段としても機能し、効果的なブランディング戦略の一環としても利用できます。

なお、ノベルティの種類については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【2023年最新】おすすめのノベルティ種類10選|選ぶ際のコツやよくある質問も徹底解説!

飲食店の販促でよくある3つの質問

最後に、飲食店の販促でよくある質問について紹介します。

  • 質問1.販促方法でありがちなNG事例は?
  • 質問2.飲食店が効果的に販促するためのコツは?
  • 質問3.販促物の集客効果は?

それぞれの詳しい内容についてみていきましょう。

質問1.販促方法でありがちなNG事例は?

販促方法でありがちなNG事例は、以下のとおりです。

  • ターゲットが不適切な販促方法

販促活動がターゲット顧客に適していない場合、顧客からは嫌悪感を持たれる場合がある。新規顧客の獲得を目指す際は、ターゲット顧客に合った販促方法を事前にしっかりと調査し、計画を立てなければならない

  • 多様性の欠如

1つの販促手法に依存するのはリスクを伴うため、複数の手法を組み合わせる必要がある。1つの方法だけを試すと、期待する効果が得られず、機会損失につながりかねない

質問2.飲食店が効果的に販促するためのコツは?

飲食店が効果的に販促するためのコツは、以下のとおりです。

  • お店の体制を整える

おいしい料理や良好な接客態度、心地よい店内環境を提供できているか確認する。これらが整っていなければ、販促によって集客してもリピートにはつながらない

  • 複数の販促を組み合わせる

施策の効果を定期的に検証し、改善点を見つけて次の計画に活かす必要がある

  • オンラインとオフラインの組み合わせ

オンライン施策が注目されがちだが、オフラインの手法と組み合わせて、両方の強みを活かし、目的や客層に合わせた戦略を立てる必要がある

  • 販促の目的とターゲットを明確にする

目的に応じた適切な販促計画を立て、ターゲット顧客に一番響く方法を選ぶ

質問3.販促物の集客効果は?

販促物の集客効果としては、以下が挙げられます。

  • 異なる顧客層へのアピール

高齢者や地元住民などのWebでは届かない顧客層に対しては、チラシやポスターが効果的となる。これらの販促物は、インターネットを頻繁に利用しない人々にも店舗を知ってもらい、来店を促せる

  • リピーターの獲得

販促物を通じて、顧客に店舗を何度も訪れる理由を提供する。たとえば、ポイントカードや限定的なオファーは顧客が再訪する動機を与えられる

  • ブランディングとイメージ作り

ターゲットに応じたデザインの選択が、どの顧客層が店を訪れるかを決める。たとえば、家族連れには明るくポップなデザインを、ビジネスパーソンには洗練されたシンプルなデザインを採用する

まとめ

本記事では、飲食店におすすめの販促方法や販促活動の重要性、費用相場、選ぶコツをご紹介しました。

飲食店における販促活動は、集客や売上向上に不可欠です。一般的に販促費用の相場は、売上の3〜5%が目安とされています。効果的な販促活動のためには、まず目的を明確にして予算を決め、ターゲット層に適した方法を選ぶようにしましょう。

おすすめの販促方法としては、折り込み広告やポスティング、周辺店舗への置きチラシ、ダイレクトメール、ポイントカード、グルメサイト・アプリへの掲載、SNS、ホームページの制作、イベントの開催、タウンプラス・タウンメールなどがあります。

さらに、ショップカードやポスター、ノベルティなどの販促物も効果的です。これらの手法を組み合わせて戦略的に活用すれば、飲食店の知名度向上と顧客の獲得につながります。

なお、弊社が運営する「缶バッジ研究所」では、サイズや種類のバリエーションを豊富に取り揃えており、完全自社製造で高品質なオリジナル缶バッジをお届けいたします。
缶バッジ制作が初めてという方も安心してご依頼いただけますので、ぜひ一度ご相談ください。⇒缶バッジ研究所のサイトはこちらから

コメントを残す