【2024年最新版】おすすめのノベルティ制作会社10選|効果や選び方、よくある質問までご紹介します!

You are currently viewing 【2024年最新版】おすすめのノベルティ制作会社10選|効果や選び方、よくある質問までご紹介します!
  • 投稿カテゴリー:コラム
  • 投稿の最終変更日:2023-12-25

ノベルティ制作会社を選ぶことは、選ぶ基準がなければ難しいことです。もし制作会社との相性が悪ければ、せっかくのノベルティ戦略もうまくいきません。

この記事では、ノベルティの効果やノベルティ制作会社の選び方、おすすめのノベルティ制作会社10選までをご紹介します。ノベルティ制作会社選びに難航している方は、ぜひ参考にしてください。

ノベルティによる4つの効果

ノベルティによる効果には、以下の4つが挙げられます。

  1. 認知度がアップする
  2. 企業・ブランドの宣伝になる
  3. 他社と差別化できる
  4. 購買意欲が高まる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。

1.認知度がアップする

ノベルティを使用することで、商品やサービスの認知度が高まることが期待されます。たとえば、社名やサービス名を印刷したボールペンを配布することにより、多くの人々に対してその存在を知らせることが可能です。

広範囲に認知を広げたい場合は、低コストのバラマキ用のアイテムが適しています。しかし、一方で個々の人々に深い印象を残したい場合は、少々高価でも長く使えるノベルティがおすすめです。

このように、ノベルティの選択と配布方法は、目的に応じて慎重に行うべきです。販売促進やブランド認知の向上には、効果的な手段であり、企業や製品のイメージを強化するのに役立ちます。

2.企業・ブランドの宣伝になる

ノベルティグッズは、企業やブランド、商品の魅力をアピールし、消費者に親しみを感じさせる効果的なツールです。お得感を提供することで、競合との差別化が図れます。また、ユニークなノベルティはSNSで話題になり、企業の認知度やブランドイメージの向上につながるのです。

消費者が「無料で素晴らしいものをもらった」と感じると、企業のイメージは大きく向上します。そのため、自社のイメージを高めたい際は安価な商品ではなく、顧客の期待を超えるような質の高い商品をノベルティとして選ぶことが重要です。

このような戦略はブランドのポジティブな認識を構築し、長期的な顧客関係の構築に貢献します。

3.他社と差別化できる

オリジナル性を持つノベルティは、他社との差別化を実現するのに役立ちます。重要なのは、ライバルと同じ種類のノベルティを避け、独自のアプローチを取ることです。

たとえば、競合がカッコいい系のノベルティを使用している場合、かわいい系やおもしろ系を選択するのが効果的です。

ただし、自社のイメージと大きく異なるものを選ばないように注意することが必要です。このようにノベルティを戦略的に活用することで、ブランドの独自性を際立たせ、消費者の記憶に残る印象を与えられます。

4.購買意欲が高まる

ノベルティを配布することは、消費者の購買意欲を高める効果があります。とくに、販売促進したい商品に関連するアイテムを選ぶのがおすすめです。たとえば、ワインの販促にはワインボトルストッパーやオープナー、専用バッグが適しています。

また、商品購入時のプレミアムとしてノベルティを提供することも有効です。特定の金額以上の購入でノベルティをもらえるキャンペーンは、消費者の「ノベルティをもらいたい」という心理を刺激し、売上向上につながります。

このようなキャンペーンをする際は、ターゲット層が喜ぶノベルティを選び、配布することが重要です。これにより、より大きな効果を期待できます。

ノベルティ制作会社の選び方は3つ

ノベルティ制作会社の選び方には、以下の3つが挙げられます。

  1. 予算や納期にあっているか
  2. 目的にあっているか
  3. 管理体制が整っているか

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。

1.予算や納期にあっているか

ノベルティ制作においては、自社のスケジュールや予算に合致しているかを確認することが重要です。プランから大きく外れると、業務や予算に負担がかかり、継続的な取り組みが困難になる恐れがあります。たとえば、短期間での制作依頼はコストの増加を招く可能性が考えられるのです。

販促活動で効果を最大化するためには、無理なく実施できる範囲での計画が必要です。スケジュールや予算が自社のプランに合っているかどうかを慎重に確認し、段階的に改善していくことが効果的な戦略と言えます。

2.目的にあっているか

ノベルティ制作では、目的に合致しているかを確認することが重要です。目的に応じて適切な手段を選択する必要があります。たとえば、知名度を上げるためには多くの人に配布できる量産型のノベルティを選び、ブランド力を高めるためにはオリジナリティのある印象的なノベルティを制作します。

このプロセスを成功させるためには、社内で目的を共有し、一致した理解のもとでノベルティ制作会社を選ぶことが欠かせません。社内の一致した方針に基づき、目的に合ったノベルティを制作することで、狙った効果を最大限に引き出せます。

3.管理体制が整っているか

ノベルティ制作会社の選定においては、整った管理体制が重要です。これは、ユーザーの安全に直接関わるためです。管理体制における重要なポイントは以下の4つです。

  • 自社生産かどうか
  • 現場の管理力
  • 調整力
  • フォロー力

自社生産かどうかは、カスタマイズの自由度や納期の柔軟度にも関わる重要な項目です。現場の管理力とは、作業分解構成図(WBS)を用いて進行管理ができることになります。

調整力では顧客のニーズに合わせてコスト、納期、進行予定を調整する能力になります。フォロー力はコールセンターや事務局機能を含む体制化を通じて充実したサポートを提供できることです。

管理体制が整っていない場合、トラブルの予防や迅速な対応が困難となり、消費者からの信頼を失うリスクがあります。消費者の安全を最優先に考え、製品の管理がしっかりしている会社を選ぶことが大切です。

おすすめのノベルティ制作会社10選

おすすめのノベルティ制作会社10選をピックアップしました。特徴などを紹介します。

1.グラフィック機材株式会社

グラフィック機材株式会社

引用:グラフィック機材

グラフィック機材株式会社は、印刷関連機材の販売を主な事業としている企業です。さまざまな印刷・加工技術を提供し、とくにグラフィックデザイン、レーザー加工、オンデマンド印刷などの分野を得意としています。

これらの技術を活用して、ペット関連のグッズの加工や制作も可能です。Yahoo!ストアや楽天市場などのオンラインストアやペットショップ、ホームセンターなどでの販売も手掛けています。

同社の製品ラインナップにはラミネーター、パウチ、PP貼り機、宛名印刷機、3Dレーザー、CO2レーザー各種、大型カッティングプロッター、ルーター、熱プレス、上製本機、加湿機、結束機などが含まれています​​。

2.ラクスル株式会社

ラクスル株式会社

引用:ラクスル株式会社

ラクスル株式会社は、100万人以上の会員を抱え、125万点以上のノベルティ制作実績を持つ人気の高い制作会社です。ユーザーフレンドリーな設計が特徴で、簡単な3ステップで注文が完了します。この使いやすさが、他社との差別化ポイントです。

ラクスルのおすすめポイントは多岐にわたります。商品選定から見積もり、在庫チェックまでが迅速で、商品費用以外の営業費用やデータ作成費が不要なため、コストパフォーマンスが高いです。

また、専用ソフトを必要とせず、サイト上で簡単に印刷データを作成できる点、品揃えの豊富さ、複数商品の見積もり比較機能、PP袋などの封入オプション選択肢、類似商品情報の詳細な掲載による容易な比較が可能である点などが、ユーザーにとって大きなメリットとなっています。

3.株式会社トランス

株式会社トランス

引用:株式会社トランス

株式会社トランスは、年間2,500万個の制作グッズ数と3,000社以上のクライアント数、10,000件の制作実績を持つ、株式会社トランザクションの子会社です。

同社の強みは、消費者が強く魅力を感じるデザインやプロモーション企画の提案能力です。企画営業職の6割が女性で、流行やトレンドの情報収集に注力しています。

トランスが運営する「販促STYLE」では、ノベルティ制作からキャンペーンの提案に至るまでトータルサポートを提供しており、その利用は大手企業においても実績があります。初心者向けのデザインツール使用やトレンド感あるノベルティの制作も可能で、キャンペーン提案までのサポートが求められる企業や個人におすすめです。

4.株式会社MAW

株式会社MAW

引用:株式会社MAW

株式会社MAWが運営する「ME-Q(メーク)」は、自社工場を保有し、検品から梱包、発送まですべて自社で行うことで、低価格かつ短納期のサービスを実現しています。安定した高品質の商品を提供しており、大量注文にも柔軟に対応可能です。

ME-Qのサービスは、格安価格でオリジナルのスマホケースやグッズの作成を可能にし、1個からの注文が可能なため、在庫を余らせる心配がありません。無料のデザイン作成シミュレーターを利用して、スマートフォンから簡単にグッズを作成できます。

納期は注文内容によって異なりますが、最短で4営業日での発送が可能です。また、支払い方法はクレジットカード、代金引換、銀行振込、楽天ペイ、Amazonペイメントなど、多様な選択肢があります。ME-Qは他社にないオリジナル商品を多く取り揃え、おしゃれで意外に安い商品も提供しています。

5.株式会社ギフトイット

株式会社ギフトイット

引用:ギフトイット

株式会社ギフトイットは、販促品と名入れノベルティの作成に特化した専門店です。小ロットでも短納期に対応しています。

自社スタッフが包装や熨斗巻きを丁寧に行っており、季節や時期に合わせた商品特集やキャンペーンを定期的に展開しています。

創立、設立、周年記念の特集も含め、企業や商店の販促担当者、広告代理店を対象にしたノベルティグッズや商品情報、キャンペーン案内をまとめたメールマガジンを発行中です。また、大阪と東京には商品サンプルを実際に見られるショールームがあり、顧客が直接製品を確認できる環境も提供しています。

6.アイグッズ株式会社

アイグッズ株式会社

引用:アイグッズ

アイグッズ株式会社は、2016年に設立されたノベルティグッズ制作会社です。特徴は、ノベルティグッズ製作の全工程を内製化し、何度でも無料でデザイン提案とサンプルの試作をしていることです。

また、アジアに多数の工場ネットワークを持ち、オリジナルグッズの企画生産に定評があります。60種類以上のメーカー品をラインアップし、3,000社以上の取引会社との関係を築いているのです。

高品質な素材を使用し、ものづくりのプロフェッショナルが丁寧に製作しています。受注から生産、納品までのプロセスをワンストップで提供し、低コストかつ短納期でのサービスを実現しています。

7.株式会社ラブ・ラボ

株式会社ラブ・ラボ

引用:株式会社ラブ・ラボ

株式会社ラブ・ラボが運営する「ラブエンタ」は、法人向けのオリジナルグッズやノベルティグッズ制作に特化しており、40,000件以上の法人実績を持ちます。

コンサートグッズやファンクラブグッズ、メーカーの販促グッズも含め、さまざまな商品をトータルラインナップで提案しています。

自社工場を有しているため、企画から生産、販売まで一貫して行うことが可能です。また、一度に10点までのサンプルを無料で2週間レンタルするサービスも提供しており、大量発注を考えている企業やサンプルを無料で試したい企業にとくにおすすめです。

8.内海産業株式会社

内海産業株式会社

引用:内海産業

内海産業株式会社は、50年以上にわたりノベルティグッズの企画・販売をしています。同社は年間17,000件以上の相談案件、10,000社、年間5,000万個の実績を誇り、「買い物ゴコロに、火をつける」をスローガンとして掲げています。

短納期や小ロット、難しい案件にも柔軟に対応し、最上のアイデアを結集させたカタログとオリジナル特注商品の提案が可能です。

年4回発行されるカタログでは、雑貨、食品、日用品、イベントアイテム、SDGs関連アイテム、周年記念品など幅広い商品群を掲載しており、カタログにない商品についてもオリジナルでの提案が可能です。

9.株式会社ノベルティストア

株式会社ノベルティストア

引用:ノベルティストア

株式会社ノベルティストアは、ノベルティグッズ制作会社です。業界に衝撃を与えた圧倒的な低価格でのサービス提供で注目を集めています。

徹底した価格調査、大量仕入れによるスケールメリット、仕入れ業者との良好な協力関係を通じて、カスタムメイドタンブラー100個を215円で提供するなど、競合他社との差別化を図っています。

低価格ながらも名入れノベルティグッズの短納期を実現しました。費用対効果の高いデザイン力や質の高い電話対応により、ネット販売における不安を解消しています。

10.株式会社イタミアート

株式会社イタミアート

引用:株式会社イタミアート

株式会社イタミアートは、宣伝効果を高めるオリジナルノベルティを短納期・低価格で提供する会社です。10万件以上の取引実績を誇り、横断幕、懸垂幕、Tシャツ、名入れカレンダーなど多岐にわたる商品を取り扱っています。

1万円以上の購入で全国配送料無料のサービスを提供しています。入稿にはAcrobat IllustratorまたはPhotoshopのデータファイルが必要です。

オンデマンド印刷のオリジナルクリアファイルは200枚以上で1枚175円、オリジナルアクリルキーホルダーは300個購入で1個240円という低価格を実現しています。宣伝効果の高い商品を手軽に入手できるのが特徴です。

ノベルティ制作会社でよくある3つの質問

ノベルティの制作会社でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.販促効果を高めるノベルティの選び方は?
  • 質問2.ノベルティはどれくらい用意するべき?
  • 質問3.ノベルティでもらっても嬉しくないものは?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。

質問1.販促効果を高めるノベルティの選び方は?

販促効果を高めるノベルティの選び方には、以下の5つのポイントがあります。

  1. ターゲットを絞る
  2. 実用性が高い
  3. 事業と関連がある
  4. トレンドを押さえている
  5. 受け取りやすいサイズである

上記の要素を考慮することで、販促効果の高いノベルティを選べます。大切なのは、受け手が喜ぶノベルティを考えることです。

いくら企業名やサービス名を知って欲しいからといっても、受け手の心理を無視したノベルティは販促効果どころか、マイナスイメージを植え付けかねません。なお、ノベルティの効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【プロが教える】ノベルティの効果とは?配布するメリットや販促効果を高めるポイントを徹底解説!

質問2.ノベルティはどれくらい用意するべき?

ノベルティの適切な数量を決定するためには、「仮説検証」という分析手法が役立ちます。このアプローチでは、まず特定の仮説を立て、実際の結果と比較することで最適な数を見つけ出します。

たとえば50名の見込み客を獲得したい場合、10名に配布して1名が見込み客になると仮定すると、目標達成には500個のノベルティが必要だと推測可能です。ノベルティを配布した後、仮説と実際の結果の誤差を分析することで、仮説の精度が向上し、より効率的に効果を出せる数量を算出できます。

予算の制約も考慮しながら、この方法を用いることで、効率的にノベルティの数を決定することが可能です。

質問3.ノベルティでもらっても嬉しくないものは?

ノベルティでもらっても嬉しくないアイテムには、企業ロゴや広告が非常に目立つものが含まれます。大量のペンやメモ帳など、ロゴが過度に目立ち、使い切れないアイテムは好まれません。

また、使い勝手が悪い、使い道が限られているアイテムも避けるべきです。たとえば、大きすぎるトートバッグや奇抜な形のコースターがあります。これらは実用性が低く、結局捨てられる可能性が高いです。また、個人の趣味に依存するアイテムも不向きです。

企業は、実用的で使いやすいアイテムを選ぶことが重要で、受け取る側のニーズに合わせた選択が求められます。

まとめ

ノベルティ制作会社の選び方や、おすすめのノベルティ制作会社10選をご紹介しました。ノベルティの効果は多岐に渡り、企業のブランディングや企業イメージにポジティブな良い面を与えてくれます。

一方で、制作会社の選び方に失敗してしまうと、ノベルティ戦略も頓挫してしまう可能性があるのです。この記事を参考にして、良い制作会社を探してみてください。

なお、弊社が運営する「缶バッジ研究所」では、完全自社生産で缶バッジを生産しているため、高品質で低価格の提供を実現しています。個別包装やバルク包装などの対応や缶バッジの仕様やサイズから缶バッジをオリジナルで手がけることが可能です。

缶バッジ制作が初めてという方も安心してご依頼いただけますので、ぜひ一度ご相談ください。⇒缶バッジ研究所のサイトはこちらから

コメントを残す